第二の永久歯と呼ばれるインプラントの魅力

口腔内は健康的に~虫歯や知覚過敏の恐怖~

その症状、虫歯じゃないですか?

頬をおさえる女性

もし、冷たいものを食べて歯にしみるような痛みを感じた場合、もしかしたら虫歯か知覚過敏かのどちらかになっているかもしれません。ここでは、放置するとどうなるかということをお話します。

歯がしみるのは虫歯か知覚過敏によるもの

冷たいものや熱いものを食べた時や飲んだ時に、歯にジーンとくる痛みを感じた時、それは歯に何らかのトラブルが発生している可能性が高いです。その中でも代表的なのが虫歯と知覚過敏です。この2つは、歯にしみるような痛みが走るのは共通しているのですが、その原因や痛み方は少々異なります。また、虫歯は知覚過敏よりも深刻であり、放置すると歯周病に繋がる恐れがあります。

どちらの症状なのか調べよう

歯がしみた時に、虫歯科歯周病のどちらかなのかと不安に思った時はまず症状を冷静になって確認しましょう。以下に症状の違いを紹介しているので、自分の症状がどちらに当てはまるかチェックしてみましょう。

虫歯と知覚過敏の症状を比較してチェック

虫歯も知覚過敏も歯がしみるのは共通していますが、そのしみる時間が長い場合、虫歯になっている可能性が高いです。なぜなら、虫歯は歯の表面が溶けており、神経を守るエナメル質が減少しているため、敏感になっているからです。知覚過敏も歯の表面が削れている症状なのでどちらも同じく歯がしみてしまうのです。どちらも放置すると症状が悪化するので早く歯医者で診てもらい治療を受けるようにしましょう。

あまり知られていない虫歯の怖さ

虫歯になったら歯医者で治せばいいと考えている人は多いですが、実際には虫歯になったら二度と元の状態に戻すことはできません。そのため、虫歯は直すのではなく、予防することが最も大事なことなのです。そんな虫歯の恐ろしさについて具体的にお話しましょう。

虫歯の進行段階

虫歯の初期段階は、自覚症状がほぼなく、痛みを感じ始めるようになる頃には症状はだいぶ進行しています。放置してしまうとどうなるかということも踏まえて症状の進行具合を紹介します。

C0

いわゆる虫歯になりかけの状態を意味します。この状態の場合、歯の表面が少々削れている程度であり、痛みはなく、しみることもほとんどありません。歯を削って治療するよりもむしろ歯磨きを徹底して行ない、進行を遅らせたほうが歯の健康を維持できる傾向にあります。

C1

エナメル質に穴が空き、変色したり穴が空いたりしている状態です。自覚症状が現れるのがこの時期です。鏡で見ると明らかに変色し、小さな穴みたいなものができています。この頃になると冷たいものや温かいものを食べたり飲んだりすることで痛みが生じる可能性が高くなります。どの程度進行が進んでいるかによって治療方法は異なりますが、大抵の場合削った箇所をメタルインレー(銀歯のこと)などで補綴することになります。

C2

虫歯がエナメル質を貫通し、内部の象牙質まで達している状態です。この頃からほぼ確実に自覚症状として痛みが発生することになります。治療方法はC1と同じくメタルインレーなどの詰め物で穴をふさぐことになります。また、この状態になると自由診療(保険適用外になるけど見た目や治療後の負担などを改善できる治療法のこと)が選択できるので、お医者さんと相談しましょう。

C3

虫歯がついに象牙質まで突き破り、歯髄にまで達した状態です。こうなると何もしていなくても歯に激痛が走り、日常生活に問題が生じるレベルになってしまいます。痛み止めで痛みをごまかすことはできますが、根本的な治療をしなければなりません。なお、治療法は特殊な器具で歯髄の中をほじるようにして掃除し、薬剤を流し込むという非常に困難な治療を行なうことになります。

C4

最終段階の状態です。こうなると、歯を食いしばっただけで歯が欠けるほどスカスカな状態になっており、神経も死んでいるので痛みを感じることはありませんが、放置してしまうとさらに危険な状態に陥ってしまいます。こうなったらもう抜歯しか手段はなく、抜けた歯の替わりに差し歯や入れ歯、インプラントを補綴することになります。

虫歯を放置するとこれらの病気にかかる恐れもある

骨髄炎
虫歯菌によって神経が死滅した後、顎の骨も虫歯菌によって蝕まれ、その結果顎の骨髄にも虫歯菌が入り込み骨の変形や壊死を引き起こす骨髄炎が発症してしまう可能性が高くなります。
敗血症
こちらは骨髄炎と併発して起こりやすい病気です。虫歯菌が全身に巡り、その影響で腐敗した血液画像気に入ることで機能不全を起こし、死に至る病機です。なお、新撰組の一員でもある永倉新八の死因としても知られており、近年でも2件ほど虫歯の放置による敗血症で死亡したケースが報告されています。
心筋梗塞
敗血症による臓器不全の一環で起こる病気です。虫歯菌の菌に侵された血管が硬化することによって心臓付近に様々な症状が発生し、最終的に心筋梗塞に至ります。最悪死亡するケースもあるので早期解決をしなければなりません。
肺炎
虫歯菌が含まれた唾液を飲み込むことで器官から肺に侵入し、肺炎を起こすケースもあります。こちらは主に免疫力の低下している老人や、免疫力が弱い幼児などが発症するため、非常に危険です。
虫歯によって死亡するケースというのは、実際には非常に稀です。虫歯になれば確実にこれらの病気を発症するわけではありません。しかし、放置することで発症のリスクは高まるため、できるだけ早めに虫歯の治療を行ないましょう。

重症化を防ぐ方法

虫歯が悪化して重症化するのは、虫歯を放置しているからです。放置したらどうなるかというのはここで紹介しているとおりであり、虫歯をほったらかしにするというのは百害あって一利なしです。そのため、早期発見早期治療を行なうのが最も確実な手段です。 特にインプラントの補綴治療は、自歯のような見た目と機能性を持つ歯を復活させることができることで人気です。下記サイトではさらに詳しく紹介されているおすすめのサイトをまとめているので、参考にしてみてください。
TOPボタン

Copyright©2017 虫歯で抜けた歯の対処はインプラントで歯の補綴がベスト All Rights Reserved.